[You are the Ref]フェルナンド・トーレス

   

このコーナーはガーディアン紙の人気連載「You are the Ref」を紹介します。元審判のキース・ハケットが読者からの質問に対して答えていく面白いコーナーで、日本でもFootで定期的に紹介されていました。毎回時の選手の絵をつけるのも印象的です。

210. Fernando Torres, 2012

Q1
PKの撃ち合いの中5人の候補者が示された。そのうちの一人はすでにイエローカードを貰っている。PKキッカー(イエローカードを持っている)はボールをネットに蹴る前にキーパーが動くのをチェックした後に、足をどもっているような動きを見せPKを決めた。その直後キーパーは猛烈に抗議してあなたに駆け寄ってきた。どうする?

判決
まずはキーパーを落ち着かせそしてゴールが有効なことを明らかにする。キッカーにはキーパーの動きが完了してから、フェイントをかけボールを蹴ることはスポーツマンらしくない振る舞いの対象として考えられるのでイエローカードを提示する。

しかし助走中にどもったような動きをみせてキーパーを混乱させる動きや、フェイントをすることは許されているので彼は何も間違っていない。キーパーは教則本を読まなくてはいけません。

Q2
相手の陣内へと速いスローを開始する為にキーパーは、敵(その選手はキーパーの進路に故意に入っている)の周りを飛び越えようとした。しかしキーパーは滑ってしまってボールを失いゴールを決められてしまった。あなたならどうする?

判決
キーパーの直接フリーキックとする。規則では「選手がゴールキーパーの手の中からボールを放すことを妨害することは反則」と決められているのでそこを明白にする。そしてこの状況は明らかにキーパーがチームメイトにボールを放り投げる試みを妨害しているのでゴールは認めない。

Q3
ボールがスローインの為に外に転がっていった。その時に攻撃側の選手はオフサイドのポジションにいたので戻る為にジョギングをしていた。攻撃側は素早くスローインを戻っている最中の選手に出した。すると、戻っている最中の選手は明らかにオフサイドポジションにいたにも関わらずにスローインのボールを受けるとターンしてボールをネットに突き刺した。あなたの決定は何ですか?

判決
ゴールを認める。スローインからのプレーは新しいプレーの段階を示しているから。そしてスローインからはオフサイドのはずがなく、ここに罰する罪がない。

 -You are the Ref,

  関連記事

記事はありませんでした

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スアレス
ハリー・レドナップ、監督キャリア最大の後悔

かつてトッテナムで指揮を執った現QPRのハリー・レドナップ監督。彼の著書の中で、監督キャリアで最も後

メスト・エジル
メスト・エジル、左ひざの外の靭帯断裂で3ヵ月の離脱が決定

テレグラフの記事を意訳して紹介。アーセナルのメスト・エジルはドイツ代表に招集されていましたが、靭帯の

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(3)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(2)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(1)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように