[今日のゴシップコラム]7/2

   

このコーナーはイングランド各紙のゴシップネタなどを簡単にまとめたコーナーです。どれもが大衆紙ですので噂の信憑性には疑問符がつきますが、それを楽しむのもイングランドフットボールの楽しみ方。ネタ程度と思っていただければ幸い。簡単に紹介していきます。

Monday’s gossip column – transfers and rumours

アラン・ザゴエフ(CSKAモスクワ)
ロシア代表でCSKAモスクワのアラン・ザゴエフの父親は、息子がトッテナムとサインすると話した模様。(デイリーメール)

ビクター・モーゼス(ウィガン)
ウィガンはモーゼスの移籍金を1200万ポンドと設定した模様。リヴァプールとチェルシーが興味をもっているようです。(ミラー)

ジョン・テリー(チェルシー)
パリ・サンジェルマンがチェルシーのキャプテンのテリーに800万ポンドでオファーを出す模様。(デイリーメール)

ダニエル・プラニッチ(バイエルン)
クロアチアのダニエル・プラニッチはフリーエージェントでの移籍となるが、エヴァートンからの興味については「光栄だ」と言った模様。(デイリーメール)

ウーゴ・ロリス(リヨン)
リヨンのGKのロリスについて会長は適切な価格でならば売却は可能と発言。アーセナル、トッテナム、リヴァプールが興味を示している模様。(デイリーメール)

ダグラス(トウェンテ)
ニューカッスルはFCトウェンテのブラジル人DFのダグラスに500万ポンドの移籍金で合意に至った模様。(エクスプレス)

マイコン(インテル)
チェルシーはインテルの右サイドバックのマイコン獲得に対して優位に立っている模様。(デイリーメール)

ガデル・マンガン(レンヌ)
ウェストハムはレンヌからセネガル人DFガデル・マンガンとの契約が間近な模様。(タイムス)

マリオ・バロテッリ(マンチェスター・C)
バロテッリの代理人はバロテッリが200万ポンドの価値がある選手になったと評価している模様。(ミラー)

ロベルト・マンチーニ(マンチェスター・C)
ロベルト・マンチーニ監督はクラブとの有利な4年契約にサインするとのこと。(マンチェスター・イブニングニュース)

アダム・ジョンソン(マンチェスター・C)
彼は今週マンチーニ監督との会談に臨みますが、その際、シティでの将来の保証を求める模様。(メトロ)

バロテッリのゴールパフォーマンスをして話題になったヴィッセル神戸の都倉選手。案の定イングランドメディアも取り上げていました。今日はここまで。

 -今日のゴシップコラム,

  関連記事

ゴシップコラム2

[今日のゴシップコラム]7/8

このコーナーはイングランド各紙のゴシップネタなどを簡単にまとめたコーナーです。どれもが大衆紙ですので

ゴシップコラム2

[今日のゴシップコラム]7/6

このコーナーはイングランド各紙のゴシップネタなどを簡単にまとめたコーナーです。どれもが大衆紙ですので

ゴシップコラム2

[今日のゴシップコラム]7/4

このコーナーはイングランド各紙のゴシップネタなどを簡単にまとめたコーナーです。どれもが大衆紙ですので

ゴシップコラム2

[今日のゴシップコラム]6/30

このコーナーはイングランド各紙のゴシップネタなどを簡単にまとめたコーナーです。どれもが大衆紙ですので

ゴシップコラム2

[今日のゴシップコラム] 7/11

このコーナーはイングランド各紙のゴシップネタなどを簡単にまとめたコーナーです。どれもが大衆紙ですので

ゴシップコラム2

[今日のゴシップコラム]7/7

このコーナーはイングランド各紙のゴシップネタなどを簡単にまとめたコーナーです。どれもが大衆紙ですので

ゴシップコラム2

[今日のゴシップコラム]7/13

このコーナーはイングランド各紙のゴシップネタなどを簡単にまとめたコーナーです。どれもが大衆紙ですので

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スアレス
ハリー・レドナップ、監督キャリア最大の後悔

かつてトッテナムで指揮を執った現QPRのハリー・レドナップ監督。彼の著書の中で、監督キャリアで最も後

メスト・エジル
メスト・エジル、左ひざの外の靭帯断裂で3ヵ月の離脱が決定

テレグラフの記事を意訳して紹介。アーセナルのメスト・エジルはドイツ代表に招集されていましたが、靭帯の

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(3)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(2)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(1)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように