リヴァプールはどのようにロジャースの下で見ることができるのか

      2012/06/29

不振からの脱却を図るリヴァプール。新しい監督に今季魅力的なサッカーを見せたスウォンジーからブレンダン・ロジャースを招聘。来季はどのようなサッカーをするのかに注目が集まっている。英国talkSPORTはロジャースの選手起用の予想をしているので紹介しよう。

「Bye bye Henderson, hello Sigurdsson: how Liverpool may look under Brendan Rodgers」

リヴァプールは新しい監督のブレンタン・ロジャースの到着で変身が設定されている。スウォンジーのボスはアタッキングシステムの中で規律を示す。まるでクライフのアヤックスやバルセロナのように。talkSPORTでは次のシーズン彼らの野心的な監督の下でどのようなフォームになるのかを考えてみた。

守備陣
ロジャースが支持するスタイルのためにリヴァプールにはすでに守備側には人員が整っている。グレン・ジョンソンとホセ・エンリケは中盤をサポートする為に幅を提供するという仕事が課せられるが、2人のFWからのプレッシングでより多くのサポートも必要とする。マーティン・シュクルテルとダニエル・アッガーはボールを獲得に必要な組み合わせを提供する(アッガーがリヴァプールに留まることができるならば)ペペ・レイナの足元のボールへの能力は明らかに選択をされるだろう。

中盤
中盤の中心はリヴァプールの新しいシステムの成否を握る場所だ。どちらのフルバックも前方へ進む時、ルーカス・レイヴァは守備側に必要とされる。そしてスウォンジーのレオン・ブリトンやセルジオ・ブスケッツのように、非常に上手くボールへの能力を示す必要もある。

チャーリー・アダムがこのパスシステムにフィットするにはもっと多くの規律が必要である。彼がそうすることができるのならば彼のパスの幅は見事に開拓されるはずだ。そしてスティーヴン・ジェラードはより規律を守る役割を引き受ける必要がある。彼のゴールを見る視点とエンジンは常に役に立つものであるが、いつ進むべきなのかと同時にいつ退くべきかを判断していく必要がある。

アタッカー
アンディ・キャロルが時々見せる鈍重なスタイルは、ロジャースが支持する流れるようなFW3人の中ではほとんど場所がない。彼がフェルナンド・ジョレンテのような技術的な能力を示さない限りベンチに追いやられるだろう。ルイス・スアレスは4-3-3と似ていたアヤックス時代のようにリラックスして正しいと感じなくてはならない。

スウォンジー出身のギルフィー・シグルズソンは新任のコーチと共にアンフィールドへ行く途中ということを見ることができた(トッテナム行きの噂もあります)シグルズソンはアシストへの視点並びにゴールへの趣味は、再構築された正面の3のシステムの理想的な部分を作ることができる。シグルズソンならジェラードと入れ替わることもできるし、予測して素早く戻る為に移動が出来る。

またリヴァプールがターゲットにしているクリント・テンプシーは、守備時にフルバックのサポートを必要とするリヴァプールの選手たちをサポートするようなアイデアを持っている。アメリカ人は今シーズン17点決めているので、昨年ゴールをあげることのできていないチームを助けるだろう。ベンチではグレイグ・ベラミー、スチュワート・ダウニング、アンディ・キャロルが座ることになり、レッズはテンプシーがより中心的で印象的な役割を果たすだろうし、シグルズソンもボールの無い時も同様に危険な存在である。攻撃をかき乱すためのオプションが揃っている。

のけ者
ジョーダン・ヘンダーソンとスチュワート・ダウニングはロジャースのプランにとって強制的な戦いに直面するだろう。同様に過去2年間の印象的なゴールの統計に関わらずにマキシ・ロドリゲスはロジャースの求めるゲームをキープするために必要な脚を持っていないかもしれません。

 -リヴァプール,

  関連記事

Jamie Carragher

プレミアリーグにはもっとトップクラスの外国人選手が必要だ

テレグラフ紙に掲載された、リヴァプールのジェイミー・キャラガーのコラムを紹介します。彼が英国とプレミ

アンディ・キャロル

ウェストハム、キャロル獲得に合意か

ストライカーのファビオ・ボリーニを獲得したリヴァプール。アンディ・キャロルにはいくつかの噂があります

アンディ・キャロル

ロジャース監督、キャロルのローン移籍の可能性を否定せず

2011年に3500万ポンドでリヴァプールに加入したストライカーのアンディ・キャロル。しかし、なかな

マイティ・レッド

リヴァプールの新マスコット登場にファンは・・・

リヴァプールは新しいマスコット「Mighty Red」をお披露目。このマスコットは現在リヴァプールの

ジェラード キャラガー

ジェラードとキャラガーはクラブの未来に不可欠

ロジャース体制になったリヴァプール。中でもキャプテンのジェラードと副キャプテンのキャラガーに多くの信

ベラミー

リヴァプールはクレイグ・ベラミーを売却すべきなのか?

talkSPORTから。リヴァプールのベラミー売却の噂がある中、果たして彼の売却は正しい事なのでしょ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スアレス
ハリー・レドナップ、監督キャリア最大の後悔

かつてトッテナムで指揮を執った現QPRのハリー・レドナップ監督。彼の著書の中で、監督キャリアで最も後

メスト・エジル
メスト・エジル、左ひざの外の靭帯断裂で3ヵ月の離脱が決定

テレグラフの記事を意訳して紹介。アーセナルのメスト・エジルはドイツ代表に招集されていましたが、靭帯の

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(3)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(2)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(1)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように