プレミアリーグにはもっとトップクラスの外国人選手が必要だ

   

テレグラフ紙に掲載された、リヴァプールのジェイミー・キャラガーのコラムを紹介します。彼が英国とプレミアリーグに足りないもの、そしてスペインの強さと代表強化への意見を提案してましたのでコラムを意訳して紹介します。

Premier League needs more top-class foreign players if it wishes to be regarded as the world’s best

1つの結論だけがある。十分なトップクラスの外国人が我々のリーグには存在しない。世界で最も偉大な選手は主にラ・リーガ、セリエA、またはブンデスリーガに存在する。過去になされた「あまりに外国人が多い」という主張する人々の議論から逆転してしまう。そして第一にそれらの意見は信憑性を持っていなかった。

歴史を紐解くと1970年代、英国のリーグのチームで結成したイングランド代表はワールドカップの予選を通過することができなかった。海外のスターがプレミアリーグでプレーするまで黄金時代がなかったのだ。1966年には自国開催のW杯の時だけが金色の1年であった。

我々のフットボールは世界で最も偉大なタレントのいくらかによって強化された。そして彼らはここ2.3年でこの国を出発してしまったのは残念なことだった。私は彼ら全員が戻ってきてほしいしこの国で観たいと思っている。

クリスティアーノ・ロナウド、シャビ・アロンソ、セスク・ファブレガスのようなプレーヤーがプレミアリーグに所属していた時には、我々は世界で最高のリーグだということを正当に要求することができただろう。しかしその自慢は同じウェイトをもたらしてはいない。チェルシーの最近のCLでの勝利でさえその考慮に入る。

過去に私はイングランドにはあまりに外国人プレーヤーが多いと主張した。しかし私の主張の意味は明白だった。低レベルで劣った選手の輸入に言及しているのだ。彼らは英国人プレーヤーの代理を務めたが、少しも良くはないし、また場合によってはもっと悪い、それらのプレーヤーのことを指している。

安い外国の買い物がアカデミーにいる若者よりも好まれていた時があった。そういったことが我々のリーグに危害を与えるのではないかと信じている。私の意見は、もしも同レベルのプレーヤーが二人いる。一人は英国人、もう一人は外国人。そうなった場合ホームグロウン(自国製)の選手には成長する為のチャンスが与えられなくてはいけないということだ。

ティエリ・アンリ、ディディエ・ドログバ、またはアロンソのような我々の国を優雅にしたワールドクラスの選手たちについては全く異なる。我々がそういった選手を引き寄せるほど、若い選手たちはより彼らから学ぶことができる。最高の選手と一緒に、または彼らと対峙することで成長していく。ワールドクラスの外国人選手には非常にポジティブな影響があるということを私はクラブでの経験から知っている。

EURO2012はイギリスのフットボールが2年おきに受ける傾向のある教育を提供してくれた。国内のシーズンが始まる1ヵ月の間、誰もが島国的なイギリスのフットボールがどうあるべきか、そして我々がどのくらい遠くまで行かなくてはいけないのかを理解するための自己啓示へのプロセスを持たなくてはいけない。

例えはここにある。CL決勝戦の後、私が危険に感じたことがあった。アシェリー・コールが世界最高のレフトバックだとたくさんのサポーターと、この国の人間はそういった。それは欧州選手権での彼のパフォーマンスで正当化されるはずだった。

今朝、もう一度誰が世界最高のレフトバックを考えてほしい。ジョルディ・アラバ(スペイン)がそのタイトルに相応しいと思っていない人は、先月のフットボールを見ていない。少なくとも誰もが、何が2014年のブラジルW杯に来るかについてみることの為に、リーガ・エスパニョーラショーの視聴率はここ数シーズンよりも非常に高くなるはずだ。

日曜のプレーは記憶に残るだろう。アラバのプレーは2ゴール目に繋がったが、それはスペインの試合の定期的な特徴でもあった。素晴らしいトーナメントにふさわしいフィナーレだった。スペインは最後までベストを保存していた。彼らは最初批評を受けたが、最後には我々全員が切望していた破壊的でハイテンポなプレースタイルが実現した。我々は彼らが何についてできるかは分かっていた。そして彼らはそのことを重要な時に生じさせたのだ。

トーナメントは常に彼らの最終的な行為によって定義される。目立つのは4-0の勝利だ。そして全てのこれまでの厳しかった成績など完全に忘れられてしまうだろう。

アンドレス・イニエスタが何故リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドと並んで気持ちよく座っていることができるのかについて確認することができた。ファブレガスの先月のプレーはおそらく過小評価されただろう。彼は「偽9番」のシステムを戦術的に成功させる鍵だったのだ。

全体の競争を見てみると、スペインの優位性は明らかにフットボールの進化において影響を持ち続けることになるだろう。2008年以来しばらくの間もそうだった。フットボールは常にトレンドを追跡し、それが唯一のポゼッションフットボールに基づき、より技術的なゲームを好むことに対して、多くの若い野心家の監督がその考えを持つということはポジティブなことである。

しかし我々は少し慎重にならなくてはいけない。スペイン、特にバルセロナは常に彼らが採用したスタイルを仕上げることによって彼らの業績の基礎を創り出した。イニエスタとシャビが引退する時もバルセロナは同じスタイルでまだプレーするだろう。彼らは多くの才能ある選手をそれほど働かせる必要はないかもしれない。彼らはそうすることによって少しの主義も曲げていない。だから長年のものが残っている。

スペインの輝きによって影響を受けるそれらのクラブや国の挑戦は、彼らも個々の力を高めてそれをキープすることを確実にしなくてはいけない。我々はまず謙虚になり、我々自身のアイデンティティを維持して、向上させるためにクオリティーと既存の強みと統合していく。そして我々は試合にとって有益となるそれらの海外影響を認め、受け入れることに対して十分現実的でなくてはいけない。

※彼のEURO2012のコラムに対する全ての掲載料は、23 Foundationに寄付してほしいとキャラガーは我々に依頼している。

 -リヴァプール,

  関連記事

マイティ・レッド

リヴァプールの新マスコット登場にファンは・・・

リヴァプールは新しいマスコット「Mighty Red」をお披露目。このマスコットは現在リヴァプールの

アンディ・キャロル

ウェストハム、キャロル獲得に合意か

ストライカーのファビオ・ボリーニを獲得したリヴァプール。アンディ・キャロルにはいくつかの噂があります

ベラミー

リヴァプールはクレイグ・ベラミーを売却すべきなのか?

talkSPORTから。リヴァプールのベラミー売却の噂がある中、果たして彼の売却は正しい事なのでしょ

アンディ・キャロル

ロジャース監督、キャロルのローン移籍の可能性を否定せず

2011年に3500万ポンドでリヴァプールに加入したストライカーのアンディ・キャロル。しかし、なかな

ジェラード キャラガー

ジェラードとキャラガーはクラブの未来に不可欠

ロジャース体制になったリヴァプール。中でもキャプテンのジェラードと副キャプテンのキャラガーに多くの信

リヴァプール

リヴァプールはどのようにロジャースの下で見ることができるのか

不振からの脱却を図るリヴァプール。新しい監督に今季魅力的なサッカーを見せたスウォンジーからブレンダン

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スアレス
ハリー・レドナップ、監督キャリア最大の後悔

かつてトッテナムで指揮を執った現QPRのハリー・レドナップ監督。彼の著書の中で、監督キャリアで最も後

メスト・エジル
メスト・エジル、左ひざの外の靭帯断裂で3ヵ月の離脱が決定

テレグラフの記事を意訳して紹介。アーセナルのメスト・エジルはドイツ代表に招集されていましたが、靭帯の

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(3)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(2)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(1)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように