ヴィラス=ボアスはキープレーヤーを保つことができるのか

   

トッテナムはここに来て前チェルシー指揮官のアンドレ・ヴィラス=ボアス就任の可能性が高まってきました。Independent紙ではもしも就任が決まれば昨シーズンのアーセナルのような主力選手を維持することができるのかということを指摘。記事を要約して紹介します。

Villas-Boas edges nearer a spin in the Spurs hotseat

もしもポルトガル人が就任した場合、彼はアーセン・ベンゲルと同様にキープレーヤーを保つための闘争に直面するだろう。

北ロンドンのサッカー界では鳴き声がまだない。ホワイトハートレーンでトッテナム・ホットスパーのレセプションエリアに座っている有名なブロンズの雄鶏からではなく、セブンシスターズロードのアーセナルの端から放出されている。
首都ロンドンの3つの主要なクラブの奇妙に混ざりあった運命の中で続いていくのか保証はされていない。ハリー・レドナップ前監督は、スパーズにとって最も偉大なライバルにチャンピオンズ・リーグへの優位なポジションを残酷に否定され、アンドレ・ヴィラス=ボアスは今週スパーズに到着するためのチップを渡されている。

レドナップの人気は彼の後継者が克服しなくてはならない要因の一つである。それが仮にヴィラス=ボアスになる場合ならば、彼がチェルシーでやろうとしていたものと同様の長期的な再開発が設定される。その際当初は3年間のプロジェクトがあったものの、膨大な違約金の支払いでわずか7ヵ月に縮小された。彼があまりにも早く変化をもたらそうとしたこともトッテナムの首脳陣は理解している。

しかし、監督はヴィラス=ボアスではないかも知れない。ローラン・ブランは今週会談のためにホワイトハートレーンに向かっているとも考えられている。ブランはフランス代表監督のポストを去ったことが昨日発表されているからだ。

アーセナルと同じようにトッテナムは最高の選手を失う大きな可能性に直面している。トッテナムの会長ダニエル・レヴィは昨年夏チェルシーの魔の手からルカ・モドリッチを上手くキープすることに成功した。アーセナルは現在はロビン・ファン・ペルシーが移籍する可能性があると思われている。

レヴィはギャレス・ベイルを説得し2016年までの新しい契約にサインさせた。そしてアヤックスのセンターバックのフェルトンゲンとの契約問題については解決したと言われている。またアイスランドのMFのギルフィ・シグルズソンへの望みも楽観的だ。

マンチェスター・シティーのロベルト・マンチーニはもっと早くにファン・ペルシーと契約を結びたいと促している。しかしシティはUEFAのフィナンシャル・フェアプレーに対処するために巨額の損出を下げる必要があることを知っている。そしてアデバヨールのような選手の賃金法案が解決するまでは不可能だ。

ヴィラス=ボアスがスパーズのための男となるならば、彼はEUROでロナウドよりも一貫性のあるプレーを見せたポルトのモウチーニョに視点当てるだろう。「中盤のポジションでは汎用性があって、彼は無限の能力を持っている。8番と言う選手ではなく10番として彼を参照している」と述べているからだ。

モドリッチが移籍する場合10番のポジションにはラファエル・ファン・デル・ファールトが入って、アーロン・レノンと4-2-3-1を形成、そして左右どちらかにベイルがポジションに入ってファンはその布陣に魅了されるだろう。しかし2人のイングランド人、スコット・パーカーとカイル・ウォーカーは新シーズンのスタートに間に合わない可能性があることも注意していかなくてはいけない。

トッテナムよりも売上高の高いアーセナルは今の所より満足のいく方法で進行している。昨年を思い出す、ベンゲルはセスク・ファブレガスとサミア・ナスリの両方を説得できなかったことを。両方とも8月に移籍し、特にナスリの移籍によってベンゲルは移籍市場で典型的なパニック買いを余儀なくされた。今夏は良いタイミングにルーカス・ポドルスキ・オリヴィエ・ジルーが到着、そして現在アーセナルはシティのようにいくつかの死んだ木を一掃しなくてはならない。少ない資金が不可欠だとしても。

アーセナルのサポーターは、セオ・ウォルコット・アウトサイドにアレックス・チェンバレンやポドルスキ、ジルーの後ろにファン・ペルシー。そしてミケル・アルテタまたはアレックス・ソング、そしてジャック・ウィルシャーが戻る可能性がありファンは大喜びだ。雄鶏(スパーズは)全く鳴いていないのだから。

最高と最悪のシナリオ

アーセナル
最高:ロビン・ファン・ペルシーが残り、ジャック・ウィルシャーがフルフィットネスに戻りジルーをセンターFWで利用する。

最悪:ファン・ペルシーがシティに向かって移籍。またジルーとポドルスキが適応に苦労

トッテナム
最高:モドリッチやファン・デル・ファールト、アデバヨールが、チェルシーで学んだ教訓を持つヴィラス=ボアスの為にプレーすること。

最悪:ヴィラス=ボアスがモドリッチやアデバヨールを説得することができず、またモウチーニョを連れてくることができなかった場合、チームまたはサポーターを味方につけることができない時。

 -トッテナム,

  関連記事

ヤン・フェルトンゲン

トッテナム、アヤックスからフェルトンゲン獲得に合意

トッテナムはかねてから懸案でもあったセンターバックの補強に成功。昨シーズンエールディヴィジで最優秀選

ギルフィ・シグルズソン

シグルズソンがトッテナムを選んだ理由

トッテナムはホッフェンハイムからギルフィ・シグルズソンを獲得。当初はスウォンジーで共に仕事をしたロジ

スアレス

ハリー・レドナップ、監督キャリア最大の後悔

かつてトッテナムで指揮を執った現QPRのハリー・レドナップ監督。彼の著書の中で、監督キャリアで最も後

Kyle Walker

ウォーカーはヴィラス=ボアスの下で新しい章を楽しむ

昨シーズンは最優秀若手賞を受賞したトッテナムのカイル・ウォーカー。しかし終盤に怪我で離脱。EURO2

ピーナール

ピーナール、エヴァートンに完全移籍で復帰

エヴァートンからトッテナムへ移籍後、昨シーズン後半には再びエヴァートンにローン移籍で復帰していたステ

André Villas-Boas tasks

ヴィラス=ボアスに求められる5つのタスク

トッテナムの指揮官に前チェルシーのアンドレ・ヴィラス=ボアス就任が濃厚となってきました。ガーディアン

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スアレス
ハリー・レドナップ、監督キャリア最大の後悔

かつてトッテナムで指揮を執った現QPRのハリー・レドナップ監督。彼の著書の中で、監督キャリアで最も後

メスト・エジル
メスト・エジル、左ひざの外の靭帯断裂で3ヵ月の離脱が決定

テレグラフの記事を意訳して紹介。アーセナルのメスト・エジルはドイツ代表に招集されていましたが、靭帯の

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(3)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(2)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(1)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように