ヴィラス=ボアスに求められる5つのタスク

   

トッテナムの指揮官に前チェルシーのアンドレ・ヴィラス=ボアス就任が濃厚となってきました。ガーディアン紙は彼が監督に就いた際に発生する5つのタスクについて指摘していますので意訳して紹介します。

Tottenham: Five tasks for the new manager André Villas-Boas

1.モドリッチの問題
トッテナムのプレーメーカーはCLでのプレーを望んでいる。そしてレアル・マドリーやチェルシー、マンチェスター・Uがオファーを出すだろう。スパーズが13/14シーズンにCLでの競争に復帰できるという望みを、AVBはクロアチア人に少なくとも1年の間説得することができるだろうか?もし彼が説得できないのならば、ヴィラス=ボアスは4-3-3のフォーメーションを採用し、期待されているギルフィ・シグルズソンと契約するだろう。そのことがモドリッチ移籍の衝撃を和らげるかもしれない。

2.新しいセンターバックの獲得
トッテナムにはセンターバックに多くのタレントが揃っている。しかし誰もが長期的に起用できない。レドリー・キングは昨シーズン末に負傷、マイケル・ドーソンはしばらくお間負傷していた。そして、ウィリアム・ギャラスは若くはない。スウォンジーで成功し、ローン期間から戻ってくるスティーヴン・コールカーがその問題の答えになる場合がある。しかしヴィラス=ボアスが20歳のコールカーの準備ができていないと決断したならば、彼は市場に手を突っ込む必要があるだろう。

3.ベイルの幸福感の持続
ギャレス・ベイルの新しい4年契約はスパーズにとって素晴らしいニュースだ。しかし選手の野心は抑制しておく必要がある。ベイルがプレーの自負を持ち、ピッチの中央で明白にプレーできるのならば彼はワールドクラスである。ベッカムのようにかつて輝きを放っていた場所から立ち去りたいと願望を持ってるのなら、ヴィラス=ボアスは穏やかに迷いを解く必要性がある。大きなエゴを扱えるかどうか監督の能力が試される時である。それは彼がチェルシーで達成することができなかったことだ。

4.新しいストライカー
ハリー・レドナップはヴィラス=ボアスの望む攻撃志向のチームを残している。エマニュエル・アデバヨールのローン期間は終わりを迎え、ロマン・パプリチェンコが残った。ビッグネームはジャーメイン・デフォーのみが残っている。彼はプレーヤーとして役割に特には満足していない。ダニエル・スタリッジを獲得できればそのギャップを埋めることができるだろう。

5.Good PR
ゴールキーパーのフリーデルの長期的な後継者探し。そしてポルトからはモウチーニョに説得を試みており、彼をホワイト・ハートレーンに加えようとしている。しかしおそらく最も重要な仕事はスパーズの支持を得ることだ。
ファンの間ではチェルシーの失敗があるのでヴィラス=ボアスを懐疑的に見ている。スタンフォード・ブリッジで犯した間違いを認めなくてはいけないし、例えチェルシーの保守派によって不当にメディアによって大げさにされてしまった場合でも、ハートと心を助けて勝利しなくてはいけない。そして彼は時間を貰って、チームの支配に対してスロースタートで出発するべきだ。そうでなくては彼はエンジョイできないだろう。

 -トッテナム,

  関連記事

スアレス

ハリー・レドナップ、監督キャリア最大の後悔

かつてトッテナムで指揮を執った現QPRのハリー・レドナップ監督。彼の著書の中で、監督キャリアで最も後

Kyle Walker

ウォーカーはヴィラス=ボアスの下で新しい章を楽しむ

昨シーズンは最優秀若手賞を受賞したトッテナムのカイル・ウォーカー。しかし終盤に怪我で離脱。EURO2

ピーナール

ピーナール、エヴァートンに完全移籍で復帰

エヴァートンからトッテナムへ移籍後、昨シーズン後半には再びエヴァートンにローン移籍で復帰していたステ

ヤン・フェルトンゲン

トッテナム、アヤックスからフェルトンゲン獲得に合意

トッテナムはかねてから懸案でもあったセンターバックの補強に成功。昨シーズンエールディヴィジで最優秀選

ヴィラス=ボアス

ヴィラス=ボアスはキープレーヤーを保つことができるのか

トッテナムはここに来て前チェルシー指揮官のアンドレ・ヴィラス=ボアス就任の可能性が高まってきました。

ギルフィ・シグルズソン

シグルズソンがトッテナムを選んだ理由

トッテナムはホッフェンハイムからギルフィ・シグルズソンを獲得。当初はスウォンジーで共に仕事をしたロジ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スアレス
ハリー・レドナップ、監督キャリア最大の後悔

かつてトッテナムで指揮を執った現QPRのハリー・レドナップ監督。彼の著書の中で、監督キャリアで最も後

メスト・エジル
メスト・エジル、左ひざの外の靭帯断裂で3ヵ月の離脱が決定

テレグラフの記事を意訳して紹介。アーセナルのメスト・エジルはドイツ代表に招集されていましたが、靭帯の

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(3)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(2)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(1)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように