シグルズソンがトッテナムを選んだ理由

   

トッテナムはホッフェンハイムからギルフィ・シグルズソンを獲得。当初はスウォンジーで共に仕事をしたロジャース監督のいるリヴァプールに移籍すると考えられていましたが、結果的にトッテナムを選びました。その理由についてシグルズソンが述べているのでテレグラフの記事を紹介します。

Gylfi Sigurdsson chose Tottenham ahead of Liverpool because he sees exciting times in store at White Hart Lane

トロフィーを獲得する大きな可能性があり、より強いチームがあったということでシグルズソンはリヴァプールの代わりにトッテナムを選んだことについて説明している。

「何もリヴァプールと間違いはない。しかしトッテナムに対しては正しい全てがある」がアイルランド人MFは言い、そして800万ポンドで彼はトッテナムとサインした。「スパーズとリヴァプールをここ2.3年で比較して、ここのチームのスカッドを見た。それは素晴らしいチームだったし、新しいトレーニングピッチ、そして新しいスタジアムの可能性。エキサイティングな時代だよ」

シグルズソンはかつて共に仕事をしたリヴァプールのロジャース監督のオファーを拒絶。そのことがロジャースを怒らせた。ロジャース監督はリヴァプールが獲得するための金銭を提供しなかったと認めているが、シグルズソンの賃上げ要求はあまりにも高額であったとロジャースは主張している。

しかしシグルズソンは移籍への決定が財政的な決定ではなったと否定している。「私は簡単にブレンダンと話をした。明らかに彼は私にホッフェンハイムからイングランドに戻すことによって多くの事を負った。しかしそれは私にとっては新たな時間だった。スパーズはワールドクラスの選手達と素晴らしいクラブがある。スパーズはプレミアリーグを4位で終えたし昨シーズンはチャンピオンズリーグにも出場していた。そしてこのチームは再びCLでプレーできる」

昨シーズンロジャースの下でシグルズソンはプレミアリーグ19試合で7得点3アシストを記録。スウォンジーは当初シグルズソンの為に交渉をしていたが、ロジャース監督の移籍や他のクラブからの関心で手を引いてしまっていた。

「ブレンダン・ロジャースが残っていたとしてもスウォンジーに移籍したかどうかを言うことは難しい」と述べ、「誰もが私がブレンダンに従うことを期待していただろう。しかし私はこの決定に関して満足しているし、トッテナムでプレーするのは光栄なことだ」と言った。

 -トッテナム,

  関連記事

Kyle Walker

ウォーカーはヴィラス=ボアスの下で新しい章を楽しむ

昨シーズンは最優秀若手賞を受賞したトッテナムのカイル・ウォーカー。しかし終盤に怪我で離脱。EURO2

ピーナール

ピーナール、エヴァートンに完全移籍で復帰

エヴァートンからトッテナムへ移籍後、昨シーズン後半には再びエヴァートンにローン移籍で復帰していたステ

ヤン・フェルトンゲン

トッテナム、アヤックスからフェルトンゲン獲得に合意

トッテナムはかねてから懸案でもあったセンターバックの補強に成功。昨シーズンエールディヴィジで最優秀選

André Villas-Boas tasks

ヴィラス=ボアスに求められる5つのタスク

トッテナムの指揮官に前チェルシーのアンドレ・ヴィラス=ボアス就任が濃厚となってきました。ガーディアン

スアレス

ハリー・レドナップ、監督キャリア最大の後悔

かつてトッテナムで指揮を執った現QPRのハリー・レドナップ監督。彼の著書の中で、監督キャリアで最も後

ヴィラス=ボアス

ヴィラス=ボアスはキープレーヤーを保つことができるのか

トッテナムはここに来て前チェルシー指揮官のアンドレ・ヴィラス=ボアス就任の可能性が高まってきました。

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スアレス
ハリー・レドナップ、監督キャリア最大の後悔

かつてトッテナムで指揮を執った現QPRのハリー・レドナップ監督。彼の著書の中で、監督キャリアで最も後

メスト・エジル
メスト・エジル、左ひざの外の靭帯断裂で3ヵ月の離脱が決定

テレグラフの記事を意訳して紹介。アーセナルのメスト・エジルはドイツ代表に招集されていましたが、靭帯の

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(3)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(2)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように

micah-ricards
マイカー・リチャーズのトレーニング法(1)

マンチェスター・シティのDFマイカー・リチャーズは強靭な肉体とスピードや強さが魅力ですが、どのように